FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当にあった怖い話

ポーン

私のバイト先では、テーブル席のボタンを押すと、このような電子音が鳴る。
電光掲示板には、その席の番号が赤い文字で映し出され、それを目印に私達は動く。

ポーン。
音が鳴った。掲示板に光る文字は5。
とくにやることもなく、暇を持て余していた私は、直ぐに5番の席へと向かう。
「はい、お伺い致します・・・ ?」
丁重にお辞儀をし、ふと顔を上げた私は固まった。
誰も居ない?
周りを見渡しても、誰かがお手洗いに立ったような形跡もない。

「ほら、○○くん。ちゃんと両手で持って食べなさい」
ふと隣の席を見ると、幼い男の子がスプーンを片手に騒いでいる。
ああ、きっと小さい子が悪戯したんだな。
ボタンには動かされた形跡もなく、男の子は母親よりも奥の席に座っている。
しかし私は無理矢理、そう思うことにし、仕事を続けた。


ポーン。
暫くして、また音が鳴った。
掲示板が映し出した文字は、1。
また誰かが悪戯したのだろうか?
ふと席を見、私は凍りついた。

有り得ないのだ。誰かが悪戯することなど。

この店舗では、1、2、3番テーブルに、ボタンはない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

お前のせいで寝れなくなったら枕元に化けて出てやるからな!


え、いいのかそれで?あ、ああうん…が、頑張ってね(棒読み

ヒーハー…!それ今弟のマイブームだからやめて!

ええ、多分すあさんの毛は3ヶ月もしたら1本もないでしょうね(溜息

よっしゃあきたあ!そうしようぞ!
おう、頑張って装備強化しとく!

ちょー可愛い…またやろうかしら
マイナー街道きてる感じ?
出遅れたが一冊ギルエリを買った…

まてえええええ
バイト先ホラーすぎるだろ!
まじで怖かったんだけど!
ぷろふ

すあ・高城克&人間失格

Author:すあ・高城克&人間失格
すあ:
「流石俺様、歪みねぇな。」


高城克&人間失格:

かれんだー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
かてごり
ついった
かうんた
きじ
こめんと
つきべつ
りんく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。